CAFE

語学学校の紹介について

フィリピン国内にはおおよそ350校の語学学校があると言われています。
それぞれに特色があり独自のメゾットを持った多彩が学校がひしめき合ってしますが、
私から皆様へ紹介する語学学校は2校のみです。

ストーリーシェア(Baguio/Cebu)

b.E CAMPE(Manila)

紹介基準はとてもシンプル

学校経営者と友人です。
その語学学校の運営について何らかの形で僕自身が関わり内情を知っています。
実際に、一週間以上滞在しカリキュラムを受講した事があります。
自身の経験をもって、英語教育に真剣な学校だと胸を張って紹介できます。

僕が考える良い語学学校

語学学校は語学習得のための場であり続けるべきだ。
フィリピン留学が大衆化すると共に多くの学校が生まれました。
競争が激しくなる事はとても良い事ですが個性化を重んじるあまり
多くの語学学校が教育とは別の所に力を注いでいるように感じます。
それは、日本人との出逢いだったり、海外でのビジネス展開や投資だったり、
日々の食事だったり、宿泊施設だったり、様々です。

そして、多くの日本人がそれを望んでいる事も事実。
地道で過酷な語学習得の道から出来るだけ距離を取りアミューズメント性を重視した
語学学校がフィリピンでは人気となる傾向が近年見られます。
恥かしながら私自身は語学留学生としてフィリピンのセブに半年間滞在しましたが、
誰よりも遊び、誰よりも不真面目に過ごした経験がありリゾート留学の楽しみや喜びを満喫しました。
そして、もっと価値のある時間の過ごし方があったと後悔しています。

私のように語学習得に多くの時間を割ける場合は、
多少の紆余曲折も楽しみながらのんびりと構えれば良いのかも知れませんが
多くの方が1〜3ヶ月の短期間に結果を出さなければなりません。
どうぞ、この留学は語学習得に集中して下さい。

ストーリーシェア(Baguio/Cebu)

b.E CAMPE(Manila)